スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

背骨の動き

こんにちは^^ パーソナルトレーナーの近藤です。
蒸し暑い日々、皆様いかがお過ごしですか?
今年もまた、雨ばかりの夏らしくない気候が続きますね。 気温の上下が激しいので、皆さま体調管理に十分気をつけてくださいね。


さて、ダンサーズコンディショニング、その⑨! 本日のテーマは背骨です^^

私はダンスのクラスを教えることもありますが、
その際、皆さんの背骨の硬さが気になっています。

特にダンスでよくあるウェーブの動き。 これは背骨の柔軟性なしには語れない動きです。 さっきまで仕事をしていてさぁ、ウェーブ! というのは背骨が固まっていて、まずできないと思います。


背骨は24個の骨が積み重なって、それぞれの可動域と役割を持っています。 骨の間には椎間板という軟骨のクッションがあり、椎間板のクッションが潰れると、 軟骨の中の髄核が飛び出て、ヘルニアを発症します。



まずは上から、首あたり 頚椎(けいつい):7個

真ん中、肩甲骨あたり 胸椎(きょうつい):12個

下の方、腰あたり 腰椎(ようつい):5個



◆屈曲・・背骨が頭から前にカーブする(背を丸めた状態)



◆伸展・・背筋を伸ばし、頭を後ろに倒した状態



◆側屈・・片側の脇腹が縮み、背骨が横にカーブした状態


◆回旋・・後ろを振り返るように体を回す



このように背骨は、ねじれたり、しなったりする構造です。 これらの動きには関節の柔軟性に加え、 可動域を得るには、ある程度の筋力が必要です。 筋力=柔軟性 ただただ体が柔らかいだけだと、体は壊れます。



さて、背骨の柔軟性を出す体操をご案内します。 慢性的な腰痛の方にもオススメです^^
◆キャットカウ(丸める) ◆キャットカウ(伸びる)
名前の通り、猫や牛のように背伸びをするような動きです。
実際に、猫や犬を観察していると背伸びをする時に しなやかに、このように動くのがよく分かります。



◆脚を前後に開いて(ヒップフレクサー)マットに肘を下す 股関節が硬いと肘がマットに着かない場合がありますので、 できる範囲で行ってください。

◆手を天井に伸ばし、背骨をツイストする 背番号#71はプロ野球選手だった父の近鉄バファローズ時代の背番号


この動きは動きの出づらい胸椎をしなやかに動かし、柔軟性を取り戻します。 呼吸が浅くなった時や、長時間座り続けた時や立ち続けた際にオススメです。


マエナラエをし、…

最新の投稿

骨盤の動き

腰・股関節の動き

膝の動き

足指の動き

足・足首の動き④〜回内・回外・回旋〜

足・足首の動き③〜内転・外転〜